今年最後のデジタルガジェット買いナリ

さいきんバイヤーヨロシクデジタルガジェットを買いあさっている拙者ですが,今年最後の買い物として,iPad mini Retinaディスプレイモデルの SIMロックフリー版とIEEE 802.11ac対応の AirMac Extremeベースステーション(WiFiルータ)を入手いたしますた。iPhoneはあぽーすとあが公式にSIMロックフリー版を販売し始めたので国内でも入手しやすくなったケド,iPad はまだキャリア版しか販売されていないのですね〜(ドコモからまだ出ていないからだと思われ)。これまでiPad 2「新しい」iPadを SIMロックフリー版で調達してきた身としてはキャリアの縛りを受けたくなかったので,今回も海外から「お取り」寄せしました。例によって Expansys というイギリスの通販業者(倉庫は香港)から買ったのだけど,円安傾向につき,前回利用したときよりもチト割高感がありますな。

在庫があれば,注文してから一週間も経たずに到着。相変わらずシゴトが早い。

ドコモの MVNO である「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のファミリーシェアプランを使って,3枚目の SIMカードを nanoSIMタイプに変更(SMS機能付き)の上,挿入。APNの設定をするだけで,無事 LTE通信が出来ました。ピクトグラムも立つし,技適も通っているので,国内での使用も何ら問題ナシ。

Retina ではない iPad mini(初代,WiFiモデル)との外観比較。新モデルの方が気持ちだけ厚みが増してますな(7.2mm→7.5mm)。重さも30g程度増量ナリ。写真では左が旧モデル,右が新モデルです。

おまけでケース比較。旧モデルでは,JISONCASE の本革ケースを使っていました。手に馴染んでとても使いやすかったケド,傷がつきやすかったのと,電源ボタンがクリックできるように作られていなかったのはちょっとだけザンネンでした。ちなみに新モデル用には,Apple純正Smart Case を調達ナリ。収まりはヨイものの,ケースのクセして高い〜。

画面の比較。さすがに Retinaモデルは,肉眼では判読できないほどドットピッチが狭いですな。iPad mini の最大にして唯一の弱点がクリアされ,現時点では最強のタブレットだと思いマス。

ところ変わって,こちらは AirMac Extreme 新旧モデル比較。ぶっちゃけ自宅では,パソコンは有線LANでつながっているので,802.11ac の実力はまだ測れていないのだけど,電源内蔵で筐体がスッキリした感はあります。ただ,ちょっと高さがあるので(←アンテナも兼ねているらしい),置き場所は見直す必要があるかもね。なお,外部ポート数には特に変化はありません。TimeMachine やプリンタ共有に使用する USBポートが3.0に対応してくれれば言うことなかったのだけどね〜。

ついにThunderboltハブを入手ナリ

今夏発売予定と聞き,首をなが〜くして待っていたものの,9月になっても発売される気配がなく,もしかしたら今年中に出ないのかなと思っていた CalDigit社の“Thunderbolt Station”がよーやく国内でも出荷されました。で,タイミング良く初回出荷分(わずか30ロットらしい)で注文することができ,昨日ブツが届いた次第(↓下の写真は箱を開けているところ)。

思いのほか,コンパクトなパッケージングですな。ドライバCDはおろか,説明書すら入っていない潔さ(笑)。全部,Webでダウンロードしろってことみたいだね。ちなみに,Mountain Lion だと Thunderbolt Station内蔵の Ethernetポートを使用するためにドライバを入れる必要があるみたいだけど,Mavaricks に上げておけば特に入れなくてもよさそうです(それもあって,メインマシンを急きょ Mavaricks化したンですな)。

本体も小ぶりにまとまっています。金属筐体(たぶんアルミ)なので,剛性も問題なし。海外メーカーの周辺機器にありがちなポートがゆるいといった不具合や立て付けのわるさもなく,製品としては充分な仕上がりです。ただ,日本国内向けに出荷しているのにコンセントが3芯というのはチトいただけないね。じつは,競合製品にあたる Belkin社の“Thunderbolt Express Dock”も付属のACアダプタが3ピンと聞いていたのだけど,なんか理由があるのでしょうかねぇ。ま,3ピンに対応しているマルチタップかコンバータを噛ませばいいハナシだけど,ちとメンドウですな。
で,最後に設置例の写真をば。

Thunderbolt Station を置いている台座はゴチャゴチャしているけど,MacBook Pro側の配線は随分スッキリしたので,気分イイですな〜。まだ半日しか使っていないケド,今のところ特に不具合はなく,Thunderbolt Station側の USBポートも USB 3.0 として充分な速度が出ていると思いマス。あいにく今は外付けディスプレイを持っていないので試せないけど,MacBook Pro側の HDMIポートとあわせて,トリプルディスプレイも試してみたいな,と妄想を抱いておりまする(…なーんて,まったくゼータクな話ですな^ ^;)。

追記
Thunderbolt Station を ACアダプタにつなぐと「キーン」といった少々耳障りな高周波のノイズが鳴るけど,Macにつないでデバイスが認識されると音は消えました。また,正面の控えめな LEDインジケータも Mac が起動しているときしか光らないようです。

Mavericks へアップグレードした際に消えない Previous Systemフォルダができてしまった場合の対処法

遅ればせながらメインマシン(MacBook Pro Retina 15inch, Mid 2012)を Mountain Lion から Mavericks にあぷでしました。Mavericks では Mail.app がUTF-8(+ASCII)以外のエンコーディングのメール送信に非対応になってしまうなど,後々トラブルの元になりそーな変更も加わっているけど,インストール後いの一番気がついたのは…ボリュームのルートに謎のフォルダが出来ているではないか。“Previous System”という見慣れぬフォルダが生成されており,ググってみたところ消しても問題なさそうだったのでゴミ箱ポイしたものの,何度Finderから「ゴミ箱を空にする」を選んでも消えてくれないのですね〜。仕方ないので,伝家の宝刀

sudo rm -rf /Previous\ System/

をしてみるも,“Operation not permitted.”と表示される始末。よくみると,vmフォルダの中には“sleepimage”というファイル(※ハイバネーションで使用される一種のスワップファイル)が残っており,アイコンにロックマークが付いていたので,rootユーザーでロック解除するも,何度やってもすぐに鍵マークが復活するではないかぁ。散々試した挙げ句,件のファイルは微動だにしない(実際移動もできない)ので,マカー歴15年以上の拙者もさすがにアタマを抱えてシマタ。でも,改めて見てみると,コマンドラインから rm を実行した際,「“schg”フラグが立っているので削除できない」的なメッセージが出ていたのですねぇ。すっかり見逃してた。で,BSD系の UNIX には,パーミッション以外にファイルへのフラグを立てることで,削除禁止などの設定ができるのだけど,OS X も元はといえば BSD なので,この機構が生きているのです。ちなみに schgフラグはシステムがファイルの変更を禁止する属性なので,以下のコマンドで属性を解除し,rm することでよーやくファイルが消えてくれました。めでたしx2(^ ^;)。

sudo chflags noschg /Previous\ System/private/var/vm/sleepimage

BluetoothスピーカーとLightning対応スピーカーを同時に買ってしまったの巻

スマートフォンやタブレットの普及により,音楽もこれらの携帯端末で聴く人が増えているけど,さすがに薄型の電子機器のスピーカーが奏でる音には限界があるということで,巷ではワイヤレスで音楽を再生できるBluetoothスピーカーが大流行のよぉですね。また,Apple関連のガジェットも昨年リリースされたiPhone 5からコネクタを従来のDockコネクタから薄型&リバーシブルなLightningという独自規格に変更されたため,あぽー信者は周辺機器の買い換えを余儀なくされているのですなぁ。というワケで,当方も去年はiPhone 5への機種変にあわせて充電台兼スピーカーの“JBL ONBEAT MICRO”を買ったワケだけど,どうせならiPadも置ける台が欲しいということで姉妹機の“JBL ONBEAT MINI”を所望した次第〜。で,アマゾソでぽちっとなする直前,BOSEのBluetooth小型スピーカーこと“SoundLink Mini”が目に入ってしまい,気がついたら…ドッチもカートに入るっているではないか〜(^ ^;)。というワケで,届いたのがコチラ。

BOSE SoundLink Mini

いやー,コンパクトにまとまっていますねぇ。パッケージングもAppleっぽい感じだし(笑)。でも見かけによらず重厚感(重量感)があります。充電台に置くだけでチャージできるのは○。音もこのサイズでBluetoothスピーカーということを考えれば充分すぎるほどの音質です。もっとも,BOSE全般にいえることだけど,低音が出すぎて夜間はボリュームを絞らないといけないのは痛しカユシですな。

JBL ONBEAT MINI

こちらは,JBLのONBEAT MINI。梱包はフツーというか,BOSEほどには凝っていませんねぇ。このスピーカーはBluetooth対応ではないのでワイヤレスで再生というワケにはいかないのだけど,Lightningコネクタに加えて背面にUSBポートと音声入力ポートがあるので,Dockコネクタ型の旧世代のiOS端末やら,その気になればAndroid端末からでもスピーカーとして使えるのは○ですな。ただ,以前買ったONBEAT MICROのときもそうだったのだけど,Lightningコネクタのクリアランス(高さ)が少なくて,ケースを付けているとiPhone/iPad が事実上ささらないのはザンネン。やむを得ず,USBポート経由でLightningケーブルを取り回して使っておりマス。

比較

本来比較対象になるプロダクトではないけど,一緒に入手したので,SoundLink MiniとONBEAT MINIのツーショットをば。ちなみに右の写真は,ONBEAT MINIとONBEAT MICROの比較です。〜MICROの方は,サイズ的にもiPhone専用ですね。なお,個人的には,JBLの音の方がどちらかといえば好みです。

28ポートもあるお化けUSBハブ

最近はメインマシンにノートPC(MacBook Pro Retina 15インチ)を使っているのだけど,恒久的に悩まされるのはUSBポートの少なさ。そりゃまぁThunderboltハブやらThunderbolt-PCI-Express変換アダプタでも買えばいいのだろうけど,どちらにしてもあんまりお手頃プライスじゃないンですな。で,仕方なくUSBハブでポートを増やして外部機器を繋いでいるのだけど,それでもワイヤレスマウスのアダプタとかナンダカンダ付けてると恒常的に不足しちゃうんですねぇ。で,この状況を根本的に解決するため,こんなモノ(Manhattan MondoHub)を買ってしまいました。なんと…USBのクチが28ポートも付いているバケモノハブ(笑)。そのワリには見かけによらず小型(というか薄型)で,ハブから出ている本体接続用のUSBケーブルが固いのとACアダプタの立て付けがイマイチよろしくないのをのぞけば,予想以上に使えるシロモノでした。これだけありゃ余ってるUSBメモリを組み合わせてRAIDでも作れてしまいますね〜(実用性はナイけどね^ ^;)。正規の代理店がないのか,なかなか国内では流通していないようだけど,運良く見つけた方は試してみる価値はあるかも?!

追記:いちお4ポートだけUSB 3.0に対応しています。願わくは全ポート3.0対応きぼんぬだけど,それはコスト的(&電力供給的に)にちとキビシイでしょうな。